吹き出物を食事からも改善したい

食事による吹き出物の対策も人気がある方法の一つです。かえって食材が偏らないようにバランス良くが基本となりますが、どんな食事や栄養素が吹き出物を治す上で効果的なのか?あるいはどんな食事は吹き出物を悪化させる原因になってしまうのか知っておくことは大切です。

 

ビタミンA

ビタミン群は美肌に役立つ栄養素なのでしっかりと押さえていきましょう。まずビタミンAですが、ビタミンAには皮膚や粘膜の働き、免疫を高める効果があります。さらに、肌の生まれ変わり(新陳代謝)を活性化してターンオーバー促進にも役立ちます。

ビタミンAが豊富な食材としては、鶏レバー・豚レバー・牛のレバーなどレバー類、にんじん、トマト、ほうれんそう、モロヘイヤ、卵、うなぎ、あなご、こまつな、牛乳、イカ、バジルがあります。

 

ビタミンB群

ビタミンB群は全般的に肌の再生をサポートしたり、皮膚に栄養を与える役割を担っています。B1とB12は血行促進作用があり、肌へ栄養を運ぶ上で欠かせない栄養素です。B2とB6は吹き出物の原因となる過剰な皮脂分泌を抑制する作用があります。またB6には皮膚の老化を予防して、色素沈着シミを改善する効果も期待出来ます。

ビタミンB群が豊富な食材としては、

B1⇒胚芽米

B2⇒納豆、卵、納豆、うなぎ、モロヘイヤ、とうがらし、チーズ、アーモンド、よもぎ、どじょう

B3(ナイアシン)・B6⇒マグロ

B6⇒にんにく、鶏肉、牛肉、ピスタチオ、ごま、豚肉、さんま、いわし、サバ、レバー、卵

B5(パントテン酸)⇒卵

B12⇒レバー

などが挙げられます。

 

ビタミンC

ビタミンCは抗酸化作用を持つ成分として有名です。活性酸素から肌を守る役割を果たし、吹き出物の炎症を鎮める作用、コラーゲンの生成を助ける働きがあり肌の生まれ変わりや美白効果もありニキビ跡にも有効とされています。

ビタミンCが豊富な食材としては、赤ピーマン・黄ピーマン、アセロラ、ゆず、レモン、ピーマン、ブロッコリー、キウイ、キャベツ、いちご、小松菜があります。

 

ビタミンE

ビタミンEもビタミンCと同様に抗酸化作用があるほか、血行促進作用があります。

ビタミンEが豊富な食材としては、あんきも、いくら、すじこ、キャビアなどの魚卵、さつまいも、じゃがいも、アーモンド、落花生、かぼちゃ、うなぎ、ほうれんそう、アボカド、ブリがあります。

 

ビタミンEはビタミンCを多く含む食材と一緒に食べるとさらにおすすめです。

 

タンパク質

大前提として私たちの体の構成に役立つタンパク質も不足しないようにしましょう。タンパク質が不足すると肌のターンオーバーがスムーズに行われません。ダイエットが美肌にとって必ずしも良くないのはタンパク質が肌を作る上でも重要な栄養素だからです。

タンパク質が多く含まれる食材としては肉、魚、卵、牛乳、チーズ、納豆、豆腐、大豆製品があります。

 

食物繊維

食物繊維は便秘の改善に役立つため便秘気味で吹き出物にも悩んでいる時は意識的に多く摂るようにすると良いでしょう。便秘によって腸内環境が悪化すると毒素がたまる原因となり、自律神経のバランスが崩れて血行不良の原因にもなります。

食物繊維はまめ類やイモ類、ごぼうなどの根菜にたくさん入っています。

 

乳酸菌

乳酸菌はご存知の通り整腸効果を持っていて腸内環境を整えることに役立ちます。便秘・下痢の双方に効果的なので、胃腸の荒れが吹き出物として出てしまう時、アルコールが習慣になっている方などは積極的に取るようにしたいですね。

ヨーグルトやキムチやぬか漬けなどの発酵食品に乳酸菌は多く含まれています。

 

吹き出物の原因になる成分

ここからは吹き出物の悪化の原因になっている栄養素についても見ていきましょう。もちろん過剰摂取がダメなだけで、0まで減らすとかえって不健康となる事は頭の片隅に置いておきましょう。

 

糖分

まず糖分は分解される時にビタミンB群を大量に使ってしまいます。そして残った糖質が脂肪として吸収されてしまうため、皮脂過剰の原因となって吹き出物を発生させてしまいます。糖分が多い食べ物はGI値が高い場合も多く、血糖値を上げてインスリンの分泌の原因となりますが、インスリンには皮脂分泌を盛んにする作用があります。

ケーキ・清涼飲料水・チョコレートなどが糖分が多い食べ物の代表格です。

 

油脂分が多い食べ物

同様に油脂分が多い食事も過剰な皮脂分泌を招き吹き出物の原因となります。

脂っぽい肉料理・バター・インスタント食品が要注意な食材です。

 

カフェイン

コーヒーは肌に良い悪い賛否両論ですが、カフェインがビタミンB群の吸収を妨げる作用があることは知っておくと良いでしょう。鉄分の吸収も阻害するので貧血気味だったり生理後の吹き出物が酷い時などは飲むタイミングを少し変えてみると改善につながるかもしれませんよ。

 

アルコール

適量なら血行促進作用がありプラスですが、過剰になると炎症を悪化させたり糖分が多いお酒も肌には良くありません。肝臓や胃腸に負担をかけると消化不良や体内に毒素が巡る原因にもなってしまいます。

 

辛い食べ物

唐がらしのような辛い食べ物や調味料も適量なら血行を促進して新陳代謝をアップさせてくれます。しかし食べ過ぎは胃腸に負担がかかるので良くありません。辛いものが好きだという自覚があり、吹き出物にも困っている時には意識が必要かもしれません。

 

吹き出物に効果的な飲み物は?

最後に飲み物についても見ておきましょう。1日の間に何を飲んでいるか?で結果が変わるかもしれないと思うと知っておいて損はありませんよね。

まず既に登場したようにアルコール類は適量ならOK、コーヒーはビタミンの吸収を阻害する、清涼飲料水のように糖分が多い飲み物はダメ、ただし清涼飲料水の中にはビタミンが豊富に含まれたジュースもあり一長一短、乳酸菌飲料は胃腸の調子を整えることに役立ちます。

他のドリンク類については以下の通りです。

 

水は飲む人はちゃんと飲んでいるのですが不足している人はかなり不足していると思います。水は代謝の基本となり老廃物を体外に出す上でとても重要です。一日2リットル以上を目標に不足しがちな人は水を飲むことから始めていきましょう。

 

お茶

お茶は種類にもよりますが、ビタミン群が豊富で血行促進や抗酸化作用を持っています。

化粧品や漢方にも使われているドクダミ茶やハトムギ茶がおすすめです。

 

豆乳

大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするため、生理前の吹き出物が必ず出てしまう方は豆乳を習慣にしてみると症状が和らぐかもしれません。また、豆乳にはビタミンBも成分として含まれています。

豆乳には成分無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料がありますが、豆乳飲料は飲みやすい分だけ糖分が多いため要注意です。成分無調整豆乳はかなりしっかりした豆乳の味がするので苦手な人もいると思いますが、せめて調整豆乳を飲むようにはしたいところです。

 

ストレスに効果的な食事はある?

ストレス性の吹き出物を対策する以上は、ストレスに効く食べ物もあるならぜひ押さえておきたいところです。

ストレスを感じると副腎からホルモンが分泌されますが、その時に使われて不足しがちになるのがタンパク質とビタミンB群、ビタミンCです。したがって、ストレス性の吹き出物を抑えていく上ではタンパク質とビタミンB、Cを多く含む食材は欠かさないようにしたいですね。

ただしストレスを感じると食欲が増してしまう時はタンパク質を摂りすぎない意識も必要になってくるかもしれません。

また、イライラを抑制する栄養素と言えばカルシウムとマグネシウムのミネラル類です。

カルシウムは牛乳など乳製品・小魚・小松菜・豆腐・切り干し大根に多く含まれています。

マグネシウムは納豆・ほうれん草・カキ・ゴマ・枝豆に多く入っています。

© 2017 ストレスは吹き出物の原因に!どう対処すると治せる? rss