出産後に吹き出物が大量発生

「産後に吹き出物ができるようになって、人生で最悪の肌状態」

「夜泣きもあるし育児のストレスも影響していると思う」

「赤ちゃんがいるとなかなか病院にも行けないし・・・」

 

出産後に吹き出物がぶわっと顔中に広がってしまい、人にも会いたくないくらい症状が酷くなってしまうことがあります。特に今までは吹き出物や肌荒れとは無縁に近かった人ほど、産後に急に悪化した吹き出物に上手く対処することが出来ずに、ブツブツを定着させてしまいやすいということも考えられます。

吹き出物を治すことが出来ればもっと明るい気持ちでママ友付き合いも出来るし、肌をキレイに保つことが出来れば将来は子供にとって自慢の母になるかもしれないのにと感じることもありますよね。

産後に増える吹き出物の原因と治し方を見ていきましょう。

 

「育児があるから自分のための時間がなかなか取れない」

という時でも実践出来る対処方法も紹介します。

 

産後に吹き出物が増える原因

女性ホルモンの急低下

産後に吹き出物が増える最大の原因は、産後に起きる女性ホルモンバランスの変化にあります。妊娠・出産という役割と終えると、それまで高まっていた女性ホルモンが一気に急低下して、その影響が肌に吹き出物として出やすくなります。

女性ホルモンのエストロゲンは肌に潤いやハリをもたらしますが、産後にエストロゲンが減少することで肌が潤いの膜を失い敏感肌・乾燥肌の方向に急激に傾きます。

すると肌の新陳代謝が上手く働きにくくなり、毛穴が詰まりやすくなって吹き出物の発生を招く原因となります。

 

産後の女性ホルモンバランスの変化と肌への影響を知識として知っていなければ、

「自分でも何かあったのか分からない内に顔中が吹き出物だらけに」

ということにもなってしまい、対処が遅れる悪循環も招いてしまいます。産後時間が経つと自然に吹き出物が引いていくこともあるのですが、肌荒れが定着してしまいそうということは他にも原因があるかもしれません。それが次の育児ストレスです。

 

育児ストレスによる皮脂過剰

そこに追い打ちをかけるのが育児ストレスによる皮脂過剰です。ストレスには男性ホルモンを増やす作用があり、男性ホルモンには皮脂分泌を起こす作用があります。

乾燥によって詰まりやすくなった肌に育児ストレスによって分泌された皮脂が簡単に詰まることであっという間に吹き出物ができてしまいます。

さらに、赤ちゃんの夜泣きによって睡眠が途切れ途切れになったり質が悪化することで、睡眠時のホルモン分泌にも悪影響を与えるし、特に皮膚の回復・修復の役割を果たす成長ホルモンの分泌が減るとダメージ肌が定着しやすくなってしまいます。

女性ホルモンのバランスもストレスによってさらに乱れて、刺激に弱く吹き出物ができやすい肌状態が続いてしまいます。

 

ストレスがいかにして肌に悪影響を与えるか、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。

ストレスが美容の大敵になる理由、メカニズムを解説

 

産後の吹き出物に上手く対処するには?

これまで産後に吹き出物ができる原因を見てきましたが、赤ちゃんの夜泣きは自分ではコントロール出来ることではないし、産後に起きる女性ホルモンの急低下も誰にとっても共通の出来事です。

自分で何とか出来ることに絞って産後の吹き出物を的確に対処するには、

  1. 乾燥肌・敏感肌に合わせたスキンケアを行う
  2. 少しでもストレスを減らしてホルモンバランスを整える

この2点しかありません。

 

1.肌質に合わせたセルフケア

元々、肌が乾燥しやすい女性はケアに関しては出産前から既に実践している人がほとんどだと思います。

もし、洗顔後に強い乾燥感を感じていたり吹き出物肌に使うと刺激を感じるケアがある場合には、改めて優しい洗顔料と浸透力が強力な保湿に特徴を持つ”大人ニキビ用の化粧品”から選ぶようにすると良いでしょう。

また、肌の乾燥を抑えるためには水分補給も大切です。特に母乳育児中は水分不足になりやすいため、意識的に水分を多く取るようにしてくださいね。

 

2.育児ストレスを少しでも和らげる

ストレスが原因となってホルモンバランスを乱し、余計な皮脂分泌を起こしている以上はストレスを改善しなければ吹き出物の改善も望めません。

  • ヒーリングミュージックを聴く
  • アロマを焚いた部屋も用意しておく
  • 育児を任せられる人がいれば任せて自分の時間を確保する
  • リラックス効果のあるスキンケア化粧品を使う

など出来る範囲で出来そうなことを実行するだけでもだいぶ変わってきます。

特に夫が育メンだったり、母・義母が育児を手伝ってくれる環境にあるなら、子供の面倒を見てお願いして自分だけの時間を確保することが出来ると効果的です。

自分の時間が作れれば簡単な運動をして血行を改善したり睡眠の質を高めることも出来るし、友達とガールズトークをしてストレス発散することも出来ますよね。

しかし、ストレスを溜め込みがちな環境にあるということは人に育児を相談出来ない場合も多いのではと感じています。

そのような時はヘッドホンでヒーリングミュージックを聴いたり、ラベンダーやローズなどのリラックス効果やホルモンバランシング効果のあるアロマの香りを活用したり、ダマスクローズ配合の大人ニキビケアを使ってスキンケアのついでにストレスを減らして女性ホルモンを整えることも有効な選択肢となります。

聴覚や嗅覚は五感の1つなので、耳から脳へ、鼻から脳へ、循環器系から血液へとしっかりと効果を発揮してくれるので侮れませんよ。しかも同じ時間を過ごす中で活用出来るのが聴覚や嗅覚なのでぜひとも活用を検討してみてください。

(アロマの香りは育児とは関係ない部屋で活用するようにすると念のため安心だと思います。)

 

育児関係以外のその他のリラックス方法はこちらの記事でも紹介しています。

ストレス解消方法を5種類に分類して紹介!美肌につなげるぞ

© 2017 ストレスは吹き出物の原因に!どう対処すると治せる? rss