お尻の吹き出物がムカつく!

お尻にできる吹き出物ってイライラしてストレスですよね。

 

「座る度に痛くてお尻に吹き出物があることを実感させられる」

「お風呂でチェックして腫れもののような吹き出物に自己嫌悪になる」

 

夏にお尻に吹き出物ができると水着に自信がなくなるし、大事な恋愛の場面でもお尻にデカい吹き出物があったらマイナスにしか働きません。

しかもお尻に吹き出物があるのに座ったり寝る時に全体重の負荷がかかることで、肌にダメージがどんどん蓄積されて角質肥厚が起こったり、黒ずみが残る原因にもなってきます。

つまり、硬くて汚いお尻になってしまう危険性があるということなんです!意外と切羽詰まっているのがお尻の吹き出物対策と言えます。

 

「存在がムカつくお尻の吹き出物、一日でも早く治したい!」

お尻の吹き出物を治すために出来る限りのケアを行っていきましょう。

 

お尻の吹き出物を治すためのセルフケア

お尻にできてしまった吹き出物のケアですが、基本はあらゆる刺激を回避してスキンケアと治療薬で治していく方法が理想的です。

つまり、一日家にいるのであれば下半身は下着1枚か裸で、ほぼずっとうつ伏せか立った状態でずっと過ごせれば刺激を回避出来るので最高です。

 

でも、実際問題として仕事や外出予定があれば座らないわけにはいかないし、衣類による蒸れや摩擦による刺激を完璧に避けることは難しいです。

せめてスキニーパンツは避けるなどある程度のゆとりを持った衣類を選択することが出来れば良しとしましょう。

(こだわり過ぎると逆にストレスの原因に!)

 

そして、誰でも出来るケアとして積極的に取り入れたいのがお風呂上りの保湿ケアと治療薬の使用です。これまでボディソープで洗いっぱなしにされていたお尻を、洗顔後には保湿を行うことと同じように保湿ケアを行ってあげましょう。

吹き出物のダメージを受けた角質層に保湿ケアを行い、柔軟性を取り戻すことで肌の修復がスムーズに行えるように整えていきます。

 

さらにオロナインのようなクリームタイプの優しい治療薬をちょんちょんと乗せるように塗って、横向きかうつ伏せで寝るようにすると安定的なケアを実現出来ます。

お尻の吹き出物が繰り返しがちだったり、癖になってしまいそうだなと危機感を感じる時には専用の保湿ケアのように、今までは使ってこなかったスペシャルケアの活用を考えるタイミングにも来ているのかもしれません。

跡や黒ずみが残って一生後悔する前に、継続できそうな対策はどんどんやっていきたいですね。

© 2017 ストレスは吹き出物の原因に!どう対処すると治せる? rss