美容皮膚科で吹き出物を治療

ある程度の費用をかけてでも吹き出物を治していきたい時には美容皮膚科などで受けることが出来る高度専門治療も選択肢の1つになります。

美容皮膚科で吹き出物を治したとしても予防ケアは別でしっかりと行っていかなければいけないことに変わりはありませんが、どんな治療方法があるのか知っておくことはムダではありませんよね。

 

ピーリング

まず美容皮膚科で受けられる最も有名な治療法はピーリングだと思います。薬局で売っているようなちょっとしたピーリング石鹸とは違い、ケミカルピーリングという本格的なピーリングが代表的です。

ピーリングはターンオーバーを人工的に早めることで毛穴に詰まった皮脂汚れや角栓を落としていく方法です。サリチル酸、AHAといった酸性の成分を用いるため、必ず皮膚科医の元で治療を受けることと、炎症を起こした赤ニキビが混在している時などはかえって刺激となり敏感肌を定着させてしまうリスクもあり場合によってはケミカルピーリングを受けられないこともあります。

 

イオン導入

イオン導入は吹き出物対策としてはケミカルピーリングと合わせて行われることが多い治療方法です。美白効果、皮脂過剰抑制効果、コラーゲン生成のサポートの役割を果たすビタミンCを肌に塗布して、そこに微弱電流を流すことで浸透させます。一定の予防効果が期待出来る方法です。

 

レーザー治療

美容皮膚科の吹き出物治療と言えばレーザー治療というイメージがあるかもしれませんね。炭酸ガスレーザー・ロングパルスYAGレーザー・フラクショナルCO2レーザーなどがあります。炭酸ガスレーザーはニキビ治療に効果的で、ロングパルスYAGレーザーは赤みニキビ跡に、フラクショナルCO2レーザーは陥没クレーター跡に効果的です。

レーザー治療は特に吹き出物による跡が残ってしまった時の最後の手段として活用としている方が多いと思います。

 

LED光治療

発光ダイオードの効果を活用した最近人気が高まりつつある治療方法です。

青色LEDには原因菌であるアクネ菌を殺菌する効果が、赤色LEDには炎症を鎮めたり赤み跡を緩和する効果、黄色LEDには敏感肌のバリア機能を整える効果があります。

 

注射

局所注射と呼ばれる治療方法も吹き出物に対処出来ます。ケナコルト注射、プラセンタ注射、ヒアルロン酸注射の3種類があります。

ケナコルト注射はステロイド注射で炎症を抑える強力な効果が期待出来ますが、ステロイドなだけに副作用が心配されるため、今ではあまり人気のない注射となっていると思います。

プラセンタやヒアルロン酸はアンチエイジング・老化予防で特に有名な成分ですが、吹き出物対策としてはあえて活用する人は少ないと思います。跡が残ってしまった時、30代40代の方に1つの選択肢にはなると思われます。

 

点滴

ビタミンやプラセンタなどを点滴で体に入れて内部から働きかける治療方法です。食事やサプリメントの点滴バージョンと考えるとイメージとしては分かりやすいかもしれませんね。こちらも注射と同じであえて点滴を選ぶ必要はあまりないのかなと思います。

 

まとめ

ここまで美容皮膚科などで受けられる吹き出物の高度治療方法を紹介してきましたが、どの方法も治る確率が100%というわけではありません。その割には保険が適用されず高額だったり、ダウン期間があって即効性もなかったりとデメリットもあります。

重度の跡が残ってセルフケアでは改善が感じられない場合を除いて、美容皮膚科であえて吹き出物を治療する必要はないのかなと感じます。手の届く範囲でスキンケア化粧品やサプリメントを試したり生活を見直す中で吹き出物を対策出来て初めて、継続的な美肌にもつながっていきますよね。最後の選択肢として美容皮膚科もあるんだという心の安心材料程度にとらえておくのが1番良いかもしれません。

© 2017 ストレスは吹き出物の原因に!どう対処すると治せる? rss